雑学ぼっくす

thx: カレイドスコープ さん | 2014.10.01|No.96

城にマツの木が多いのは緊急事態のとき食糧にするため

 城の敷地内にマツの木が多いのは、緊急事態のとき食糧にするためといわれている。

 戦国時代、城の周りを包囲する戦術を取られることが多かった。その際、攻められた側は城の中に立てこもることになる。そうして敵の食糧がなくなるのを待つ持久戦になるため、食糧の確保が必須だった。そこで、城に松が植えられるようになった。

 松の葉はビタミンやミネラルなどが豊富に含まれ、貴重な供給源となった。松の皮は臼でついて粉にし米粉と混ぜて、餅を作っていたという。