雑学ぼっくす

thx: カレイドスコープ さん | 2014.10.01|No.51

自分の思いついたジョークで笑いすぎて死んだ人がいる

 古代ギリシアの喜劇作家、ピレモンは紀元前263年、自分の思いついたジョークがあまりにも面白かったために笑いすぎてしまい、死亡したとされる。

 どんなジョークだったかは、ジョークを思いついたとたんに笑い死んだため不明。

 なお、笑いすぎると急激な血圧の変化や腹筋の過度の運動で痙攣などを引き起こし、死亡することはあり得る。