雑学ぼっくす

2016.07.06|No.285

選挙に使われる投票用紙は二つ折りにしても投票箱の中で自然に開く

 選挙で投票用紙を投票箱に入れるとき、二つ折りにしたら開票作業のときに広げる手間がかかってしまいそうなものである。だが、投票用紙には二つ折りにしても投票箱の中で自然に開く工夫がなされている。

 投票用紙に使われている紙の種類の名前は「ユポ」という。三菱油化(現・三菱化学)と王子製紙(現・王子HD)が提携して開発し、両者を紙(Paper)で繋げるという意味を込めて、三菱油化の「YU」、Paperの「P」、王子製紙「O」から名付けられた。

 ユポは、ポリプロピレンという耐久性や耐水性に優れた合成樹脂を主成分とし、無機充填剤などを加え、縦横両方向に延伸して作られる。このため、折っても元に戻る性質を持つ。