雑学ぼっくす

2015.11.25|No.248

「チャック」は日本語

 衣類などに付けて2つの部分を綴じ合わせ、自在に開閉できる「ファスナー」。「チャック」や「ジッパー」とも呼ばれるが、これらはすべて同じものだ。中でも「チャック」は外来語ではなく日本語である。

 「チャック」は1927年、広島県尾道市の日本開閉器工場が自社のファスナーに名付けた。巾着袋のようにぴったりと締まることから、キンチャクの「チャク」に由来する。

 一方、「ジッパー」は1921年、アメリカのグッドリッチ社が発売した、新開発のファスナーが付いたゴム製オーバーシューズの商品名に用いられた。「ジッパーブーツ」と名付けられ、アメリカではファスナーのことが「ジッパー」と呼ばれるようになった。ファスナーを閉める擬音「zip」に由来する。

 「チャック」「ジッパー」は元は商標名だったが、現在は登録商標ではなくなり一般名となっている。

 また、一般に「ファスナー」と呼ばれるスライドファスナーは1891年、アメリカの発明家、ウィットコム・ジャドソンが考案したもの。翌々年に開催されたコロンビア博覧会に出品され、同年、アメリカのユニバーサルファスナー社が「Cキュリティ」の名で発売した。「ファスナー」は、「留める」を意味する英語「fasten」に由来する。