雑学ぼっくす

2015.07.08|No.208

かき氷を食べて頭がキーンとなる痛みの名前は「アイスクリーム頭痛」

 かき氷やアイスクリームなど冷たいものを食べると、凍てつくように頭がキーンとなることがある。この痛みはその名も「アイスクリーム頭痛」という。

 冷たいものを食べると、いま口に冷たいものが入ったという合図が脳に伝わる。それが脳幹の周りの神経にまで伝わり、脳膜の血管が収縮する。頭がキーンとなるのは、この収縮したときに起こる。

 ちなみに、名前に「アイスクリーム」と付いているが、アイスクリームには脂肪分が多く、口の中が冷たいと感じにくいため、どちらかといえば、アイスクリームはかき氷よりもキーンとなりにくい。