雑学ぼっくす

2015.04.08|No.181

「QUIZ」は新しい単語を流行らせる賭けがきっかけで生まれた

 日本でもよく聞く「QUIZ」という英単語。これはもともと「新しい単語を作って24時間以内に流行らせることができるか」という賭けがきっかけで生まれたとされる。

 賭けは1791年、アイルランドの劇場で支配人のリチャード・デイリーが、一緒に飲んでいた仲間と行った。デイリーは「できる」、仲間は「できない」と宣言。デイリーは、一晩かけて街中の壁に「QUIZ」と書いて回った。

 翌朝、街は謎の単語「QUIZ」の話で持ちきりとなった。デイリーは新しい単語を流行らせることに成功した。

 だが、「QUIZ」は新しい単語ではなかった。もともと「悪ふざけ」や「変人」を意味する単語として既に存在していた。しかし、一般に使われることのない単語で、本人や仲間、街の住民も含め、知る者はいなかった。

 こうして、意味のわからない単語「QUIZ」は、「謎」を意味する単語として定着し広まった。