雑学ぼっくす

2015.02.18|No.167

食パンの袋をとめるものの名前は「バッグクロージャー」

 食パンの袋についている、袋をとめるための四角いもの。その名前は「バッグクロージャー」という。

 「バッグ・クロージャー」とはその名の通り、「袋を閉じるもの」であることから名付けられた。

 アメリカのクイック・ロック社を創立したフロイド・パクストンが1952年に考案した。もともとは、顧客のりんご生産事業者から、りんごを袋詰めしたあとに袋の口を簡単に閉じるための道具として依頼され作ったもの。

 依頼を受け、ポケットナイフとプラスチックの破片を使い、バッグクロージャーの原型を製作。原型は後に製品化され、りんご生産事業者向けに製造された。

 後に、潜在市場だった製パン業界が、製品に目を付けた。かつてのオーバーラップ包装の形態から製袋フィルム方式を取り入れる際に導入され、爆発的ヒットとなった。