雑学ぼっくす

2014.10.29|No.135

終点なのに「途中」というバス停がある

 滋賀県大津市には「途中」というバス停があるが、その名前とは裏腹にそこは終点である。

 終点の途中まで行く路線は、江若交通が運行する堅田葛川線。JR湖西線の堅田駅から出ている。

 「途中」は周辺の地名に由来し、現在の伊香立途中町一帯にあたる。周辺には、途中自治会館や、途中トンネルなどもある。

 名前の由来は、平安時代の僧侶、相応が、修行をしていた比叡山の葛川の滝から、自身が開山した無道寺明王堂に帰る際、その両者の中ほどに位置していたことから。付近一帯は「途中村」と命名された。

 一方、「途中」バス停は同線以外も通っている。他路線ではその名の通り、途中のバス停である。