雑学ぼっくす

thx: ゆう さん | 2014.10.01|No.104

ポテトチップスはもともとシェフが客への腹いせのために作った

 ポテトチップスはもともと、シェフが客への腹いせのために作った料理から生まれた。

 アメリカ・ニューヨーク州サラトガスプリングのレストラン「Moon Lake Lodge」で、シェフのジョージ・クラムが1853年に発明したとされる。

 ある日、フライドポテトが厚すぎるとクレームを付け、何度も作り直させた客がいた。(客は、アメリカの大富豪、コーネリアス・ヴァンダービルトとする説もある。)クラムさんは腹いせに、フォークで刺せないほど薄く切って揚げたものを出した。ところが、それが非常に美味しいと高評価を得た。

 クラムさんの腹いせは失敗に終わったが、レストランのメニューに加え、売り出した。名前は「サラトガ・チップス」。評判は瞬く間に、ニューイングランド地方全域に広まった。