雑学ぼっくす

thx: ゆう さん | 2014.10.01|No.103

小柴昌俊は答案を白紙で出せば正解という試験問題を出したことがある

 2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊は、試験で、答案を白紙で出せば正解という問題を出したことがある。

 大学院生のとき、神奈川県の中高一貫校、栄光学園中学校で物理の臨時講師をしていたときのエピソード。

 出題した問題は、「この世に摩擦がなければどうなるか答えよ」というもの。摩擦がなければ鉛筆で文字を書くことはできない。よって答案を白紙で出せば正解となる。

 正解者は3人しかいなかったという。